7/8 fri

☆Aプログラム 

19:00・・・<ライブペインティング> 

~からみあう即興芸術の三つ巴!~

画家と音楽家とダンサー。異ジャンルの芸術家が「3・11」を軸に即興をぶつけ合う。

スリリングなアート・セッション!

●小林裕児 画家 

96年『夢酔』で第39回安井賞を受賞。ライブペインティングでは観客とともにある美術の新しい楽しみ方を提案中。

●齋藤徹 コントラバス奏者

舞踏・演劇・美術からタンゴ・ジャズ・アジアのシャーマニズム等、様々なジャンルと交流。コントラバスの国際フェスにも数多く参加。

●上村なおか ダンサー・振付家

身体の発見と冒険をキーワードに、ソロダンス、恊働、ワークショップ等、様々な場所で様々な人と身体の謎を探索中。

 

19:45・・・<被災地のアーティスト・レポートⅠ> ライブディスカッション 「3.11以降の想像力」

複数の被災地からアーティストをお招きし、被災地のこれまでとこれからについて語っていただきます。初日は若手演劇人たちによる徹底トーク! 舞台芸術家達の「被災」の現実、いま開けてきた視界と、私たちの今後の創作について探ってまいります。

出演:鈴木拓(仙台・ARC>T)/中村剛造(盛岡・マーブル局)/成島秀和(東京・こゆび侍

司会:広田淳一(東京・ひょっとこ乱舞) 

 

21:00・・・交流会

トークの後は「東北の地酒」で乾杯☆

地酒を味わいながら、被災地の舞台芸術家たちと存分に語りあって下さい!

 

7/9 sat

☆Bプログラム

13:30・・・<日本演出者協会有志プログラム>

「臨界幻想」 ―朗読劇

作:ふじたあさや  演出:大杉良  監修:瓜生正美

1981年に初演、労働者被爆で息子を失った母がその実態を追求する作品。情報が氾濫する今、何を信じ行動すべきかをテーマに送る朗読劇。

出演/冨田祐一 広戸聡 工藤時子 西村仁 鈴木一成 ちか 日高恵 洪明花 伊丸岡篤 加藤亮佑 藤澤太郎 保可南 金成均 長本批呂士 辻村優子 富岡英里子

照明/阿部康子 音響/滝本千華 演出助手/今井夢視 方言指導/葛西和雄 協力/青年劇場 新国立劇場演劇研修所

 

 

 

☆Cプログラム

16:00・・・<ダンス・プログラム>

 

★『私たちは眠らない― //Ritual// solo part よりーー』 出演:東野祥子

夢の空間と現実の空間の混在。/吹き上げる石油/融ける氷河/祈りの場所と暴力の場所の混在/聖なる図形(黒)/嘔吐と悦楽/ある日突然氾濫と解体の過程がはじまる

● 東野祥子…Dance Company BABY-Q主宰・振付家・ダンサー。劇場やオルタナティブスペースにて数々の作品を発表し、近年は海外でも高い評価を受けている。

 

★『タリナイナニカ』 出演:巣山賢太郎/タニア・コーク

コーポリアルマイム作品。「タリナイナニカ」を探求する男と女の葛藤を描いた身体表現に溢れるデュエット。

 

★『ジェットCo.スターパーティー』 出演:川合ロン/佐々木崇仁/城俊彦

変幻自在の急展開のコロンで掟で言いまつがっても立ち上がる。

 

 

18:00・・・<被災地のアーティスト・レポートⅡ> 「福島で今、考えること」

二日目のトークは福島の話題を中心に徹底トークを行います。原発被災の現実と、いま開け

てきた視界と、今後、私たちにできる創作の可能性について探ってまいります。

出演:大信ペリカン(南相馬市・満塁鳥王一座)、貝山武久、丸尾聡、今村圭佑 司会:大西一郎

 

 

19:00・・・交流会Part2+<ストリートパフォーマンス>

交流会の最中、シアターサーカスカンパニー【チィキィ*パークゥ】によるエンターテイメントショーがございます。世界中を飛び回りパフォーマンスを行っているメンバー達の全身全霊をこめたスリリングなショーを是非お楽しみください。

7/10 sun

☆Dプログラム

13:30・・・<短編演劇プログラム>

★13:30~ 詩×劇『つぶやきと叫びー深い森の谷の底で』(フェニックス・バージョン)

作:和合亮一(「詩の礫」ほかより) 構成演出:篠本賢一

福島の詩人、和合亮一の「詩の礫」を語る。余震、原発、風評被害に怒る言葉、苦しむ人々を慰める言葉たち。

 

★14:00~ リーディング『網膜火傷』(こゆび侍)

作・演出:成島秀和 出演:廣瀬友美/福島崇之/ハマカワフミエ/古賀裕之

アリジゴクに落ちた蟻たちによる、生きのびるための千夜一夜物語。

 

★14:30~ 新作朗読劇『まだ、わかんないの』(ひょっとこ乱舞)

作・演出:広田淳一 出演:松下仁/糸山和則/渡邊圭介 他

本企画のために書き下ろした新作戯曲のリーディング。

 

 

 

☆Eプログラム

16:30・・・<落語>

出演:桂歌若

日本のみならず世界で活躍する噺家にして作家の桂歌若。自ら被災地も訪れた異能の噺家による一席!

 

18:00・・・<被災地のアーティスト・レポートⅢ> 「定点報告とこれからのクリエイション」

6月開催のvol.1から一ヶ月が経過し「被災地の状況はどのように変化しているか」を定点報告してもらうと同時に、今後のクリエイションを探ります。

出演:新田満(岩手)/青木淑子(福島)/なかじょうのぶ(宮城・ARC>T) 

 

19:00・・・交流会Part3+<ミュージック・ライブ・プログラム>

★リトルフェニックスバンド

われら小さな不死鳥の楽団、クチビルに歌を、ココロに羽を。とにかく歌ってみることにします。「BABY,BABY,BABY」、「good-bye CHINTAO」ほか

出演者:作詞:mamachiko 作曲・ピアノ:三入梨沙 馬頭琴:フルハシユミコ フルート:太田麻希子(黒テント) ボーカル・クラリネット:畑山佳美(黒テント) 歌・カスタネット:上野智子(ククロール)/ヘッドドレス: 國分郁子

★IMO(イチローマリックオーサダハル)  

IMO とは、テクノをフォークアレンジで演奏して台無しにしてしまうバンド。リーダーの坂本Q一は漫画家久住昌之と同一人物では? との疑いがあるが、どちらも認めてはいない。武道館を目指す、細野シャケ臣と高橋クリヒロとのスリーピースバンド。「一人ぼっちのライディーン」他